「第2回スカイウォークマルシェ」のご案内

20180216-2018_02_16.jpg

三島スカイウォークで、第2回目となる「スカイウォークマルシェ」を開催します。
今回は開放感のある青空エリア(吊橋を渡る手前の有料エリア)が会場。
アクセサリーやバックなど、作家さんの想いが詰まったハンドメイド作品が数多く並ぶそうです。
ぜひ、自分好みの作品を探してみてください。

もちろん、吊り橋からの眺めも存分にお楽しみいただけます。
当日富士山が見えるかどうかはお天気次第!



[日程]2018年3月18日(日)
[会場]三島スカイウォーク


▼詳細はこちら
http://mishima-skywalk.jp/7089/

「女将のもちより雛」と修禅寺庭園特別鑑賞

20180208-2018_02_08.jpg

「女将のもちより雛」では、明治時代から平成までのお雛様や御殿飾りなど大変貴重なお雛様を修禅寺本堂東側の書院に飾り公開いたします。
このお雛様たちは、歴史ある修善寺の旅館やその女将たちが持ち寄ったもので、美しいお人形が一堂に並ぶ様子は圧巻ですよ。

また、この間は普段一般公開されていない修禅寺東海第一園も書院の廊下から鑑賞可能です。

有料にはなりますが、お宿の女将が点てるお抹茶をいただくこともできますので、是非おいでくださいませ。


[期間]2018年2月17日(土)~3月11日(日)
[時間]9:30~16:30(最終入場16:00)
[会場]修禅寺(東側書院)
※抹茶営業は10:30〜15:00までとなります。


▼詳細はこちら
http://shuzenji.info/

佐野美術館「春を彩る佐野美術館のおひなさま」

20180201-2018_02_01.jpg

明るい春の到来を告げる雛祭り。

佐野美術館では、所蔵・寄託の雛から、享保雛、古今雛の他、上方発祥の御殿飾りや、芥子雛段飾り、八丁堀の名物といわれた仁杉家旧蔵極小雛飾りなど、意趣に富んだ雛の数々を展示します。

あわせて御所人形や嵯峨人形など、日本の古人形の魅力も紹介しているようですよ。
佐野美術館で春を彩る人形たちの宴をお楽しみください。


[期間]平成30年2月24日(土)~平成30年4月1日(日)
[時間]10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)


▼詳細はこちら
http://www.sanobi.or.jp/exhibition/hina_dolls_2017/

「おおひと梅まつり」のご案内

20180123-2018_01_23.jpg

大仁梅林と大仁神社境内では、1月上旬から3月上旬頃まで約80種類600本の紅白梅が賑やかに開花します。
そんな中2月18日には「おおひと梅まつり」が開催されます!

梅まつりでは雅楽の演奏やこども創作能、大正琴等の様々な催事が行われる他、梅林内での甘酒無料サービスや各種売店、餅つき大会も行われ、会場は小さい子供からお年寄りの方まで多くの来場者で賑わいます。

また、小学生以下による「写生コンクー ル」と、大仁梅林をテーマとする、どなたでも参加ができる「写真コンテスト(事前申込制)」があり、優勝作品は来年のポスター・チラシのデザインとして使用されるそうです。

「梅お散歩ラリー」に参加して大仁梅林と三福梅林を見ながらのお散歩も素敵。
どうぞみなさまご来場ください!


[開催日]平成30年2月18日(日)
[時間]9:30~15:30
[場所]伊豆の国市 大仁梅林および大仁神社境内


▼詳細はこちら
http://izunotabi.com/oohito_plumforest_festival20180218/

修善寺梅林「平成30年梅まつり」のご案内

20180116-2018_01_16.jpg

富士の見える丘に咲く梅の花

総面積3万平方メートルにわたる修善寺梅林には、樹齢100年を超える老木から若木をあわせて、約20種1000本の紅白梅が植えられています。
梅まつり期間中は遊歩道沿いに露店が出店し、たき火で焼いた「鮎の塩焼き」が販売されます。

まだまだ寒い日が続きますが、ほんのり春を感じられるかもしれません。


●鮎の塩焼きと甘酒の販売
平日10:00~15:00/土日9:00~16:00

●茶室双皎山荘『野点』
金土日のみ営業 10:00~14:00(臨時休業あり)

●露天市・地場産品の販売
10:00~15:00


[期間]平成30年2月10日(土)~3月4日(日)
[会場]修善寺梅林(入園料無料)


▼詳細はこちら
http://www.shuzenji-kankou.com/spring.html

ページトップへ